インプラントとは

人間は、食べることを失ってしまうと、途端に体力を失い、やがて死へと近づいてしまいます。
食べるためには、健康であり続けることも大切ですが、食べるものをかむという基礎的な能力が欠かせません。
噛むことができなくなると、消化に大きな負担をかけることになり、だんだんと栄養を吸収することができなくなってしまうのです。
そうならないようにするためにも、歯を維持していくことが大切だといえるでしょう。

しかし、何らかの理由で自分の歯を失ってしまうことがあります。
虫歯が原因になることもありますし、事故などによって失ってしまうケースもあるのです。
そんな時には、差し歯をしたりすることでカバーしてきましたが、健全な歯がなければ使うことができない手段であり、どんな状況にも対応できるわけではありません。
入れ歯にすることで対応もできますが、自分の歯ではないという違和感はかなりのものになってしまうでしょう。

そこで、インプラント体と呼ばれる器具を埋め込み、義歯を取り付ける方法が出てきました。
本来は、歯科治療に使われるだけの方法ではなく、器具を埋め込み機能回復を目指す治療すべてに使われる名称ですが、歯科治療の方法として認知されるようになってきているのです。
優れた治療方法ではありますが、まだまだ理解されていない部分も多いインプラントです。
いったいどんな流れになるか知っておくことは、今後選択の幅を増やしてくれることは間違いありません。


[Special Link]
治療に関する無料メール相談も出来る東京のインプラントセンターです → インプラントセンター 東京

Copyright © 2014 インプラント治療の流れ All Rights Reserved.